スリランカで朝食を注文するもの

スリランカで朝食を注文するもの

THE CAFESは、7時または時には5または6時にもオープンし、9時または10時までに朝食は終わります。ホテルは午後まで観光朝食を販売していますが、本物のスリランカのものははるかに優れています。

朝食は海辺のカフェで食べる。正面から見るとスナックショップにすぎませんが、店内は広々としていて、海に直接面する屋外ダイニングエリアがあります。テーブルはプラスチック製で、壁は剥がれ落ちており、床のずさんな食べ物の残りの周りを飛び回っていますが、私はその装飾には行きません。

私はシンハラ語で注文します— 「イディアッパデンナ」 —そして私のウェイターは知っているウィンクで逃げます。私はここに6か月間毎日ここに来ていますが、彼が注文できるのは私たちの小さな冗談です。

ウェイターが私のテーブルに戻り、5つの皿を置きます。 1つはストリングホッパーで、食事の最も重要な部分である、クリーム状に蒸した米粉生地の麺のような巣です。もともとインド出身のストリングホッパーはスリランカの朝食で、トーストは西洋のものです。それがなければ、食事は調味料のセットに過ぎません。

次はカレーです。ココナッツ、赤い唐辛子、玉ねぎを砕いたふわふわのピンクの物質が入ったボウルをテーブルの上に置き、スプーン1杯を手に取って、ひものホッパーの上に置きます。として知られている ポールサンボル、スパイシーで甘い味がし、上手く作ると舌の上で溶けます。料理に同じく重要なのは、2つのカレーです。 パリプ (これは西側ではダールと呼ばれています)そして マルキリホーディ (マグロを薄いココナッツミルクで煮たもの、フェヌグリーク、グリーンチリソース)。マグロは毎朝、カフェの屋外シーティングエリアの真正面で網を投げる漁師から新鮮に購入されています。

時々、ウェイターが私にいくつかのエキストラを持ってくることがあり、私が特に空腹を感じているとき、私は彼を彼らに連れて行きます。今日は、ゆで卵をふける。そして、私はこのすべての食品を一緒に混ぜるプロセスを始めます。

スリランカ料理は伝統的に手で食べられます。「味が良いから」。アイデアは、すべてが均等に分配されるように、プレート上のすべての食品を混ぜることです。混ぜたら、右手の人差し指を使って食べ物を丸めて、口の中に入れます。ストリングホッパーは軽く歯ごたえのある質感を持ち、歯の下で簡単に折りたたみます。マグロはフレーク状にばらばらになり、塩辛くて濃厚な味がするので、海からプレートに直接運ばれる魚にしかありません。ココナッツ サンボル ライム、干物、にんにくの微妙な風味がピリッと続きます。ダールは太くて満ちており、豆類やスパイスが染み出ていて、シナモンスティックで甘くなっています。

指で皿を拭き、手を拭きます。チップを払ってチップを残した後、私は村に向かって歩き、私の貢献したココナッツの木を通り過ぎました サンボル そして、カレー、シナモンプランテーション、カレーの葉の茂みが私の食事に風味を付けました。そして、少し先を進むと、糸ホッパーを作る米を育てる水田に着きました。


ビデオを見る: バンコク旅行2018910日目最終日タイ国際航空で成田へ機内食タイ旅行Bangkok Thailand