写真エッセイ:北朝鮮の生活のスナップショット

写真エッセイ:北朝鮮の生活のスナップショット

この写真エッセイは、元々著者のマタドールコミュニティブログで公開されました。

朝鮮民主主義人民共和国平壌に着陸したとき、私はすぐに携帯電話を手渡さなければなりませんでした。その瞬間から、私たちはいつも付き添っていました。ガイドなしでは誰もホテルを出ることはできませんでした。

特にカジュアルな服装や肉体労働をする人、軍の検問所など、私が写真を撮ることが許可されないことが何度もありました。カメラを2回押収し、写真を詳しく調べて話し合いましたが、毎回、カメラと写真はそのまま返されました。

著者によるすべての写真。

1

平壌の地下

毎日、40万人近くの人々が地下鉄(MTR)に乗るべきであると言われました。理解できませんでした。私たちの馬車だけで少なくとも30万人がいるようで、非常に直立して息を吸い込んでいました。路線は地下110 mで、世界で最も深いと考えられています。人々は毎週、新聞の台紙をプラットホームのスタンドで読み、気温が調整されているため、学生たちは駅で勉強しているようです。これらの深いトンネルは、世界が最終的に爆破したときに北朝鮮の市民を保護するための本当に爆弾の避難所です。

2

地下の子供たち

私たちが見たほとんどの子供たちは、唯一の休日である日曜日であっても、制服を着ていました。世界中の子供たちと同じように、次の電車を待っている少年たちは写真を撮って楽しんだ後、自分の様子を見るのが大好きでした。この写真は、多くの陽気さ、いじめ、押し付け、押し込みを引き起こしました。

3

松島原サマーキャンプ

私たちがこのサマーキャンプに到着したとき、行進している最後の子供たちを除いて、ほとんど無人でした。私たちは、ぬいぐるみの非常に多くのコレクションや寮の壁にある親愛なる指導者たちの大きな肖像画など、子供たちが眠っている間も目を離さずに歩き回って施設を鑑賞する必要がありました。再統一された韓国を宇宙の中心とする地球さえ覚えています。

4

新村大虐殺を記念して

金日成生誕100周年であり、北朝鮮版の歴史によれば「米帝国バスターズ」によって行われた新村大虐殺の現場で大規模なお祝いが計画された。アメリカ人は常にこのように説明されました。同様に「邪悪な狡猾な日本人」。これは最初は少しおもしろかったが、結局面倒だった。これは、私たちが軍の写真を撮ることが許可された数少ない時間の1つでした。

5

トラムを待っている小学生

路上にいる人々はしばしば私たちを無視したり、目の隅から観察したりします。しかし、私が笑顔で手を振ると、軍服を着ていても、しばしば手を振ってしまいます。彼らが会話に参加できる可能性が低いほど、彼らは冒険的であるように見えました。私たちがそこにいた7日間でしたが、通りで人々が自発的に私に話しかけたのは2回だけでした。

6

公園でバレーボール

日曜日はデートする日として知られ、リラックスできる唯一の日です。それ以外の場合は、1日の毎分が午前7時から午後10時頃まで編成されます。実際に仕事をしていない場合は、勉強したり、講義に参加したり、木を植えたり、水をやったり、石を拾ったりする必要があります。石を拾っているのを見た人に聞いたら、誰もその理由を説明できませんでした。

7

サンデーダンス

平壌のモランボン公園で踊ることは、日曜日は家族や友達と集まる機会として人気があります。このグループは、腕を振ったり振り回したりしながら、踊りながらヒステリックに面白いダンスを見つけました。英語を話せる人もいましたが、会話に非常に消極的でした。

8

孤児院の子供たち

この孤児院には190人の子供がおり、60人の教師と労働者がいました。私は育成と養子縁組について尋ねましたが、これはほとんど聞いたことがありませんでした。自分の子供を養うのは難しいと言われました。この孤児院には三つ子がたくさんありました。トリプレットを生成することは高い成果と見なされ、この偉業に対するあなたの報酬は、子供を出産時に連れ去ることです。どうやら、両親が一度に3人の子供に対応できないのは疑いの余地のない事実です。彼らは孤児院に向かいますが、日曜日は家に帰ることができます。

9

噴水で遊ぶ

水があるところならどこでも、それを利用する人々がいました:遊び、釣り、またはパドリング。ショーケース都市の平壌でも、バケツやコンテナを使って雨水排水管から水を集めている人々のグループを見た。ある段階では、24時間水道がありませんでした。

10

オタマジャクシを探しています

この写真は私のお気に入りの1つです。ほとんどの場合、私たちが見た誰もが光沢が出るまでこすり落として見えました。そうでなければ、写真を撮ることは許可されませんでした。男の子が汚いことは容認できるようです。

11

映画スタジオでの宣伝

これらの人々は平壌の映画スタジオで情報を更新しています。そこでは平均して1年に30本の映画が制作されていますが、彼らの違いを伝えるのは難しいです。彼らはすべて同じメッセージを伝えます。ここでの映画のセットは、ハリウッドのファサードのようではなく、永続的で、1950年代と1960年代に設定されています。

12

放課後

この写真は、平壌よりはるかに自由が許された元山港の近くで撮られました。私たちはビーチフロントを歩き、帰宅途中に地元の人たちと混ざり合ったが、カメラはなかった。最終的にはかなりのフォローがありましたが(主に子供)、一人しか話をしませんでした。彼は自分の国を守る勇敢な兵士であり、親愛なる指導者の要求に応じて職務を遂行したことを説明したかっただけです。

13

釣り

すべてのそれらの釣りは男性であることに注意してください。私たちのガイドは、北朝鮮では完全に男女平等があることを自慢しましたが、彼らは男性の80%と女性の0%が喫煙し、男性の法定飲酒年齢は18歳であり、女性は17歳であることを明らかにしました。彼らは違いを説明することはできませんでしたが、女性は飲まないのでそれは無関係であると私に言いました。喫煙と飲酒の両方は、女性にとって社会的に受け入れられません。

14

塩鍋

北朝鮮には200万ヘクタールの耕作地しかないため、2倍と3倍の作物が栽培され、農業が集中しています。すべての農法は一元的に固定されており、逸脱は許されません。ほとんど例外なく、北朝鮮の誰もが収穫と植栽のシーズン中に助けをしなければなりません。北朝鮮には失業がないと聞いて、最初は良さそうだった。でも、空いているポジションはないと言われ、これはキャリアの選択を意味しないことに気づきました。教育または兵役の完了時に、各人は労働者委員会に仕事を申し込む必要があります。委員会は、資格、参照、およびレポートを評価した後、委員会が決定したものを最も適切な位置に割り当てます。

15

墓地に花輪を置く

革命の殉教者の墓地には、平壌にある金日成の宮殿を目指して、個別に彫刻された戦友の胸像があり、愛する人の墓を訪れるのと同じ方法で定期的に訪れます。


ビデオを見る: 北朝鮮旅行記