日本の温泉入門ガイド

日本の温泉入門ガイド

世界中の文化でリラックスするためのあらゆる方法の中で、日本の伝統 温泉 (温泉、温泉)好きかも。

そのような火山活動のある国として、日本には何千もの温泉があります。温泉があるところには、 温泉、無数の形、サイズ、タイプがあります。真、すべて 温泉 いくつかの側面を共有します。部屋の壁の周りにある個別のシャワー室と、1つの大きな中央大浴場です。ほとんどすべてが漢字湯、ひらがなのゆ、記号the、または3つの組み合わせでマークされています。それ以外にも、何十もの品種があります。

それらは、巨大で豪華な複合施設から、探しているものがわからない場合に別の家を探すことができる小さな近所の屋敷までさまざまです。それらは、東京と大阪の巨大な賑やかな大都市の中心部と、日本アルプス(「日本アルプス」)の高台にあります。唯一の音は、水の泡であり、唯一の光は、伝統的なランタンと星。タイル、大理石、ガラスが美しいものもあります。一部の客室には、昔ながらの鉄製またはセラミック製の浴槽があります。一部は屋内にあり、いくつかの窓からのみ換気されます。 のてんぶろ (野天風呂、屋外)。一部の水域 温泉 硫黄の腐った卵の悪臭を嫌うかもしれません。そして、日本のほとんどの地方では、男女混合 温泉、ただしこれらのほとんどは女性専用バスも備えています。

「彼女はいつこのような露出狂になったのですか?!」

はい、見知らぬ人の前で裸になるのは少々不安です…少なくとも最初は。これが日本の習慣であることに気づくと、箸を使ったり、お辞儀をしたり、家に入る前に靴を脱いだりするなど、文化に内在しているように、恥ずかしがってしまいます。どちらかと言えば、裸の状態で大胆になります。それは、それを定義するものではなく、全体としてのエクスペリエンスの別の側面にすぎません。あなたは誰もあなたを判断したり、彼らの体をあなたのものと比較したりしていないことに気づきます。

私の家族が初めて聞いた 温泉 伝統とそれに対する私の愛情で、私の叔父の1人が不本意な思いで母に向き、「彼女はいつこのような露出狂になったのですか?」と尋ねました。そして私が初めて行ったのは 温泉、私は日本社会の旅行コースのために約12人の大学の同級生のグループと一緒でした。恥ずかしがり屋の女の子の数人が自分の部屋のシャワーにこだわっていました。十分に勇敢だった私たちがいいえ、それが私たちがどれほど不快であったかは問題ではなかったと確信した後 ない 私たちの水着を着て、緊張しながらお風呂に入りました。私たちは5分間隔のスケジュールを考案して、お互いに十分な時間を与えてすばやく洗い流し、それから浴槽に浸かるようにしました。 2週間後、旅行の終わりまでに、まとめて入浴したときにまつげを打った人はいませんでした。

私たちは次のパターンに陥り始めました はだかのつきあい (裸の付き合い、「裸の聖体拝領」)、日本の美徳の一つとして称賛 温泉。あなたと他の人との間に文字通り水だけが入っているので、最も個人的で親密なトピックについて話し合うのは簡単です。田舎の真ん中にある温泉でくつろぐときは、スターバックスのラテを何杯か話すよりもはるかに優れた人物と知り合うことができます。

日本の伝統的な慣習と同様に、厳密に守らなければならないエチケットがあります。日本の初めての旅行者にとって、(蒸し暑い、心地よい)海を航行するのは難しい場合があります。 温泉 経験。以下のヒントは、恥ずかしさの山を節約することができます。

あなたのものを隠します。

もちろん、洋服をお風呂に入れることはできません。代わりに、バスルームの外側の更衣室にあるバスケットにそれらを収納します。に滞在している場合 旅館 (旅館、伝統的な旅館)、あなたはおそらく提供されます 浴衣 (浴衣、綿の着物)。更衣室にそれを着て、バスケットを請求し、入浴が終わったらそれを元に戻してください。

水着を落とす。

前に述べたように、水着、またはその他の種類の衣服は固く禁じられています。 温泉。あなたはそのバスルームで全裸になるのが一番です…

適度な布をつかみます。

…控えめな布を除いて、シャワーエリアやバスに出入りするときに自分を覆うために使用できる小さな小さなスクラップ。ただし、風呂に入れてはいけません。

生でスクラブ。

バスルームの壁に対して個々のスロットでシャワーを浴びるとき、多くの人々は単純な洗浄シャンプーコンディションリンスのルーチンを超えます。ほとんどの 温泉 ボディウォッシュとシャンプーを提供し、多くの人々が自分の製品、カミソリ、ヘチマ、軽石を持ってくる。あ 温泉 自分を治療する場所です。

せっけんを浴びないでください。

石鹸はお風呂の外に留まります。大浴場の石けんに​​水を入れるのは、あなたができる最悪のことの一つです。シャワーを浴びて、製品を完全に洗い流した後にのみ、大浴場に入ります。

可能な場合はタトゥーを覆ってください。

入れ墨をした女性として、私はいくつかの困難にぶつかる傾向があります。たくさんの 温泉 入れ墨は伝統的にリンクされているので、入れ墨された常連客が浴室に入るのを禁じます ヤクザ (やくざ、日本のマフィア)。あなたが刑事関係を結ぶ最後の人物であるように見える場合、またはあなたの入れ墨が無害で平和に見える場合でも、多くの人が 温泉 お風呂に入れない。

これを回避するために、タトゥーを入れたコホートの数人と私は、インクを塗った皮膚を覆うように包帯を巻いています。明らかに、入れ墨の程度と配置によっては、かなり厄介なものになる可能性があります。

浸漬後のすすぎを行います。

温泉 水は ホット、通常40〜44℃です。十分に長時間浸した後、少しべたつくと汗をかくことがあります。お風呂を出た後、すすぎや洗い直しをするだけで、本当に清潔に過ごせます。

落ち着いてください。

これは常識であるため、エチケットの側面ではありません。 温泉 ほんの少しほろ酔いでも良い考えではありません。そのすべての熱湯と蒸気が中毒と相まって、危険なほどに立ちくらみを非常に速く感じる可能性があります。を助けて 入浴後まで、筋肉が焼き過ぎた麺のように感じられると、骨が骨組みでゆるくなり、布団で快適にまんじゅうになりました。

ボーナス:私のお気に入り 温泉

寒い10月の午後、青森県で最も人里離れた下北区薬研渓谷にある野外施設。


ビデオを見る: Takayu Onsen Tamagoyu - 高湯温泉 玉子湯 -