インド、バラナシの写真家からのメモ

インド、バラナシの写真家からのメモ


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ヒンドゥー教の神話によると、バラナシはシヴァ神によって設立されました。都市はヒンドゥー教の7つの神聖な都市の1つです。死に囲まれた街でもあります。ここで最大の観光名所は、ガンジス川のほとりに沿って行われる火葬を目撃することです。何百人もの地元の人々が外国人のためにそのようなツアーを手配しています。その他は、訪問者が近くの建物からの燃焼を観察できるようにお金を請求します。

    「写真はここでは許可されていません、サー、しかしあなたが望むなら私はあなたがいくつかを取ることができる場所にあなたを連れて行くことができます。わずか200ルピー」と言われています。

この都市について私が気づいたことが1つあれば、それは混乱です。ヴァンゴッホの「アルルの寝室」を思い出させる部屋に滞在しています。シンプルなベッド、椅子1脚、テーブルです。部屋の料金は、1泊あたり約150ルピー(2.40米ドル)です。近所の人には一日中泣く赤ちゃんがいます。犬のペアが通りを戦います。受付にいる男性は絶えず声を出して読み、沈黙に集中することができないように見えます。

バラナシの旧市街のカラフルな通りを歩く

私の部屋にはファンがいます。速度は1つで、ほとんど動きません。暑さは私を殺しています。そして私は一人で寝ません。2匹のネズミが窓から出入りし、私のベッドの下をうろついています。私はトイレを他の数人の旅行者と共有しています。スペイン人がタブラを学ぶためにバラナシにやって来ました、そして午後に彼は時々私たちのために音楽を演奏しました。

チャクラのしくみをいつも説明してくれているイタリアの女の子もいます。インドのヨガで教えられているように、彼女は7つのチャクラがあると言います。私が何度もエネルギーや精神的な方法に興味がないと言っていても、彼女はしつこく、私は「道」を見つけなければならないと確信しています。

私のホテルの前の通りは建設中です。夜間には、ムサハールカーストの男性が修理に取り組みます。 50メートルの道路を建設するのに、あと何日かかるのでしょうか。

これらすべてにおいて、日の出の前に目覚めてこの世界を写真に撮ることには神聖さを感じます。

私のホテルのすぐ近くにチャイを売っている老人がいて、数メートル先にはもう一人の男がタバコを売っています。私のルーチンは、お茶を1杯飲んで、最初の男性と数分間話すことです。会話は常に同じで、短くなる傾向があります。お茶が終わったら終わり、次へ進みます。たばこ男を追いかけるとき、彼は私がいくつかの問題を抱えているようだと言い、私がいくつかのヨガと瞑想をすることを勧めます。

    「私はあなたを町で最高の先生に連れて行くことができます!」彼は一度叫んだ。

    「私は何の問題もありません。申し出をありがとう、兄弟」と私は言った。

バラナシの旧市街には、狂ったように信じられないほどフォトジェニックな雰囲気があります。あちこちに牛がいます。ある日ラッシーに行く途中でしたが、私が角を曲がる直前に、何人かの人が私を通り過ぎて反対方向に向かって走っていました。どうやら牛は怒って、誰も通りを進むことができませんでした。ラッシーショップのオーナーに尋ねたところ、誰かが牛の頭を強く押しすぎたので怒りました。

これらすべての真っ只中、バラナシを所有しているのは犬と猿です。どの通りにも一団の犬がいます。すべての屋根にはサルの群れがあります。したがって、棒は町のすべての店の基本的な所有物です。犬と猿はこれを知っており、最も危険な動物である人間から遠ざけようとします。日常的に犬や猿を殴る人を見かけます。

この都市の狂気にもかかわらず、リラックスしてリラックスできる場所を見つけるのは簡単です。たとえば、私のお気に入りの場所は、ゲストハウスの屋根で、日の出と日没が壮観です。バラナシで作成した画像の一部を次に示します。

1

世界を売った男

1993年にコロンビアで8歳のときに、「世界を売った男」のニルヴァーナの表紙を聞いたことを覚えています。当時は英語が話せませんでしたが、タイトルの意味はわかっていました。世の中を売った人はどんな人なんだろうといつも思っていました。バラナシでは、彼の写真を撮らなければなりませんでした。

2

美しいシーン

ある早朝、バラナシの旧市街でこの黄色のファサードを見つけました。頭の中に写真がありましたが、生き生きとさせるには被写体が必要でした。自転車は素晴らしい要素でした。階段と後ろの青いドアは、色と線の興味深い構成を作り出します。歩いている人と一緒に写真を数枚撮りました。それから私が私のコーナーで一時停止していると、老人がやってきて階段に座った。誰かが通りかかってほしかったので、最初は少し気が狂いましたが、それからカメラをのぞき込んでこの写真を見ました。

3

一歩一歩

バラナシがフォトジェニックだからといって、ここで写真を撮るのが簡単というわけではありません。実際、私はそれが非常に難しいと感じました。想像力は、バラナシのような都市で素晴らしいショットを撮るための鍵です。歩き回ると、美しい青いドレスを着た若い女性がこれらの階段を上るのを見ました。いつか彼女は降りなければならないと思った。カメラを用意して待った。

4

ミシン

ミシンはバラナシでの雇用の重要なツールです。女性も男性も、路上で機械を動かしています。一日が終わると、彼らは家に持ち帰るか、立っているところにつなぎ合わせるだけです。

5

途中ガス

街の古い部分は、通りが非常に狭く、電動車両には狭すぎるため、物資は徒歩で輸送されることがよくあります。

6

私の主人

ガンジス川を眺めていると、誰かが「彼は私の主人だ」と言うのを聞いた。私は振り向いて、この男が本を読んでいるのを見ました。インドでは、多くの人が上流階級の人々を「マスター」と呼んでいます。この用語は、ヨガのインストラクターや瞑想を教える人にも使用されます。

7

チャイ

バラナシのイスラム教徒の地域で、チャイを運ぶこの若い男に会いました。チャイは、インドのどこでも同じように街で重要な飲み物です。

8

3つの要素

バイク、牛、自転車がここに遍在しています。私はこの小さな通りに座ってカメラを準備し、誰かが自転車との交差点を通過するのを待っていました。

9

ホリー牛

彼らは交通の真ん中に住んでいて、好きなときに歩いて立ち止まり、時々非常に攻撃的になることがあります。人々はバイクで叫び声を上げますが、牛はただくそをしません。彼らは路上で見つけたものは何でも食べます。牛から出るものはすべて、乳であれ、肥料であれ、神聖です。日常の言葉では、人は優しくて優しいと言いたいとき、「牛のようだ」と言います。

10

牛乳の輸送

朝は牛乳を購入する時間であり、バラナシではこのような多くのシーンを生み出しています。

11

川で友達と

多くの人々がガンジス川で遊んだり、話したり、トランプをしたり、あるいは泳ぎに行ったりしています。

12

ルンギ

バラナシで見られる一般的な衣料品を見てください。

13

ガンジス川で眠る

ガンジス川から日の出を見るには、観光客が午前5時30分にボートに乗ります。あまり興奮していませんでしたが、日本人とドイツ人の友達が一緒に行くように説得しました。私はこの若者がボートで寝ているのを見て嫉妬しました。

14

バラナシの犬は通常危険ではありません。彼らは人々を非常に恐れており、あなたから遠く離れたところにとどまろうとします。ただし、夜に歩いている場合は、スティックを持って行くことをお勧めします。市にはこれらの動物の巨大な人口があり、誰もそれらの世話をしないようです。歩き回って、この老人が米と牛乳をパックに入れているのを見ました。食べ物が床にぶつかると、戦いが始まり、パックリーダーが最初に食べます。

15

チャイ

これは、人々が路上でチャイを準備する方法です。 chai vendor'sは、新しい友達と話したり会ったりする場所です。お茶の価格は約5ルピー(0.079米ドル)です。


ビデオを見る: インドバラナシにいた謎の大集団について行ってみた幻想的なガンジス川 #27