生存者が話す:インド洋津波がスリランカを襲った9年後

生存者が話す:インド洋津波がスリランカを襲った9年後


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

彼は幸せなものを売っています。パイナップルとココナッツ。

旅行者は、海岸線のバーやレストランを通り抜けた日を回想しながら、休憩時間に出入りします。私たちはスリランカの南西海岸のウナワトゥナという場所のビーチで彼に会いました。 9年前、ウパリは2004年の津波ですべてを失いました。彼のゲストハウス、彼のレストラン、彼の家、彼の家族です。

彼は最初の波が彼のレストランで水を膝の高さに持ってきて、それから黒い水の最後の壁がヒットしたとき彼は笑っていたと私たちに話しました。彼は水で吸い取られ、ココナッツの木にしがみついた。ジャングルの寺院で2か月生活し、観光客などから飲み物や食べ物を受け取った後、ウパリはすべてを失った場所に戻りました。

見たところ無重力の観光パラダイスを背景に、彼の物語の重みの並置は圧倒的でした。彼はその日に1つのココナッツを売っていて、通常11月にこの地域に広がる観光シーズンがもっと多くの顧客をもたらすことを望んでいました。彼のバー、ゲストハウス、レストランがまだ立っていたなら、彼が得たものとはかけ離れたものでした。

ウパリは現在、彼の人生と生計を立てていたビーチから離れてバスに長く住んでおり、津波で亡くなった子供たちを育て、顧客を受け入れました。彼は小さな生活空間から毎朝来て、観光客に幸せなものを売っています。パイナップルとココナッツ。


ビデオを見る: 2011年3月11日 車が流される 人が飲まれる 津波